小籠包で有名な「鼎泰豊」でパイナップルケーキを買ってみた!

シェアする

鼎泰豊パイナップルケーキ 外箱

台湾にいったらパイナップルケーキをお土産に」というのは、もう定番中の定番ですよね。

そんなワケで、台湾に行く方は旅前から「どのブランド、お店のパイナップルケーキが美味しいのか」という情報収集に余念がないと思います(笑)

今回ご紹介するのは、そんなパイナップルケーキのお土産候補として「あ!そういうチョイスもあるのか!」と皆さんを驚かせる?!「鼎泰豊」のパイナップルケーキです。

スポンサーリンク

そもそも「鼎泰豊」って?

食用油の問屋として開業した鼎泰豊(Din Tai Fung/ディンタイフォン)は、副業として始めた小籠包の販売で成功。

現在では、観光客が多く訪れる「世界の人気レストラン」になっています。

鼎泰豊の込み具合

↑こちらが実際に私が訪ねた時の、信義店前の様子。

予約が取りづらいとか、待ち時間が云々…など(待ち時間がチェックできるような専用のアプリまである…)色々とめんどくさそうな情報を聞いていて、JTBのオプショナルツアー(鼎泰豊の小籠包ディナーと近隣観光がついてるやつ)を申し込んでいたため、ササッと入れましたが…人が多い!

小籠包が人気です

説明にも出てきた通り、鼎泰豊といえば小籠包。

…というワケでオリジナルキャラクター「包仔(Bao zai)」も小籠包を模しています。

包仔(Bao zai)

観光客に人気だけあって、ちょっとした写真スポットになっている「包仔」

わくわくしながら蒸篭蓋が開けられ、アツアツの小籠包をいただく…台湾旅の楽しい思い出になる事間違いなし。

鼎泰豊の小籠包

↓ちなみに私たちはこんなオーダーをしました。備忘録(笑)

鼎泰豊 オーダーしたもの

「鼎泰豊」のパイナップルケーキ

さて、やっとこ本題。

以上のように、点心レストランとして有名な鼎泰豊ですが、パイナップルケーキも密かな名品として知られているんです。

鼎泰豊

↑信義店の1Fには、厨房と座席を仕切るガラスの手前に、それら商品がズラリと並んでいました。

鼎泰豊パイナップルケーキ 外箱

こちらが購入したパイナップルケーキ。
パッケージかっこいい。

鼎泰豊パイナップルケーキ パッケージ

ホロホロとしたクッキー生地の中にネットリとしたパイナップル餡が入っています。

鼎泰豊パイナップルケーキの中身

聞けば、台湾のパイナップルを使用し、香料・防腐剤を使わずに原材料の味を生かしているんだそう。

金色のパイ生地で立体的な厚みがあって、バターの香りも特徴的です。

鼎泰豊パイナップルケーキ 原材料名

餡は、麦芽糖、パイナップル、砂糖、冬瓜などが使われています。

インパクトあるパッケージの他、「え!あの鼎泰豊のパイナップルケーキなの?!」という意外性も「おみやげ」に向いていると思います。

台湾初旅行であれば、立ち寄る可能性が高い人気店ですし、そういった意味でも買いやすいですしね。

鼎泰豊は信義店の他、台北101店のほか台北市に数店、台中や高雄にも店舗があります。
お近くのお店を公式サイトからチェックしてみてください。

行列や予約、待ち時間など、色々気にするのが面倒だなって方は、私みたいにJTBなどのオプショナルツアーがおすすめですよ。

鼎泰豊の小籠包ディナーと台北101展望台からの夜景鑑賞TWD2,200~

おまけ情報 日本の「鼎泰豊」

さて…そんな鼎泰豊ですが、特に日本人から大変人気なため、その店舗は、東京都内に数店、そして横浜、名古屋、大阪、福岡などにもあります。

日本店舗の運営を「高島屋」の子会社が行っているため、その多くは高島屋内の出店です。

また、高島屋のバレンタイン催事「アムールデュショコラ」にて、↓鼎泰豊チョコ小籠包(!)が販売されたり、「母の日の鼎泰豊ディナー」が高島屋オンラインで予約出来たり…と、ちょっと変わった楽しみ方が出来ることもあるんですよ!

鼎泰豊 チョコ小籠包