パイナップルケーキだけじゃない!台湾の伝統菓子を知ろう「緑豆糕」「香芋酥」

シェアする

台湾 伝統菓子

台湾には、「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」という、圧倒的な知名度&人気を誇る伝統的なお菓子がありますが、もちろん、それ以外にも様々な種類のモノが存在しています。

この記事では、パイナップルケーキに続く「台北第二の手土産」と言われている「緑豆糕」、そしてライターが個人的に好きなスイーツである「香芋酥」を紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

緑豆糕(リュウドウガオ)とは?

緑豆糕」とは、その名のとおり、緑豆とアンコを使った一口サイズのお菓子。

緑豆糕

緑豆を使った、シットリした落雁」…というとわかりやすいかも?型に入れて固めているところも「落雁」に似ていますよね。

冒頭でチラリとご紹介した通り、

台北市が2ヶ月間かけ、「鳳梨酥(パイナップルケーキ)」に続く「台北第二の手土産」人気投票を行った結果、「緑豆糕」が優勝。

というくらい、注目度が高い菓子です。

上品な甘さと、ほろほろと口の中で溶けていくような食感が、台湾茶にもピッタリ♪

緑豆糕が買える場所

「緑豆糕」台湾の伝統菓子は、「餅店(ビンディエン)」という、日本でいえば和菓子屋さんのようなお店で購入する事が出来ます。

1.港記酥皇

「港記酥皇」の「緑豆糕」は、豆の皮を除いて作った、ちょっぴりスペシャルな一品。

住所:台北市漢中街8號之2
アクセス:MRT「西門」駅出口6近く。イーストドラゴンホテルお向かい。
グーグルマップで開く

2.台北犁記餅店

住所:台北市長安東路二段73号
グーグルマップを開く

日本語ぺージの公式サイトもあります。

3.十字軒糕餅舗

住所:103 台湾 台北市大同區延平北路二段68號
グーグルマップで開く

香芋酥(シアンユィスー)とは?

「香芋酥」は、パイ生地の中にタロイモ餡を入れ、小豆をサンドした菓子。

香芋酥

他の台湾月餅と比較すると、外のパイ生地のサクサク具合、そして中の餡の滑らかさ…からなる「あっさりと軽めの味」が特徴です。

日本人女子は、きっと好きな味だと思いますよ!ぜひ!

香芋酥が買える場所

1.台北犁記餅店

住所:台北市長安東路二段73號
グーグルマップを開く

日本語ぺージの公式サイトもあります。

2.十字軒糕餅舗

住所:103 台湾 台北市大同區延平北路二段68號
グーグルマップで開く